休日中の対応を決めておく

工場や倉庫などは、操業中だけでなく、休業日で人がいない状況でも火災などが起こる可能性があります。

大勢の人が出入りし、作業している時間帯には、作業服や機械類のまわりで静電気が発生することや、作業ミス、薬品類の取り扱い方を守らなかったなどの理由で、炎が上がったり爆発事故が起こったりする可能性があります。

しかし、人の目がある間は、火がまだ大きくならないうちに消火したり、消防署への連絡なども迅速に行うことができます。

いっぽうで、休業日で人がいない工場で火災などが起こった場合、無人だったためにボヤの段階では誰も気づかず、火が大きくなってから近隣の人などに気づいてもらうまで、何も対応ができなかったというリスクもあり得ます。

現場を管理する人が休暇を取っていたり、休日の異変には誰が対応するのかを明確にしてなかったために、連絡が行き届かず混乱がひどくなる、という可能性も。

また、人がいない工場は、窃盗などの被害も起こりやすいですし、子どもがいたずらで入り込み結果としてことが大きくなるということもあります。

工場というのは、引火しやすい燃料や資材がたくさんありますし、密閉性の高い空間での火災には、いったん火が大きくなるとバックドラフトやフラッシュオーバーといった現象で、炎が何度も上がり続けてしまうという可能性があることを知り、休日の異変に対応する体制を明確にしておきましょう。

また、長期の休暇に入る場合には、第三者が立ち入った場合、発見が遅れてしまい、重大な結果につながることもあります。

機械類や資材などが崩れて、入り込んだ人を直撃するなどの被害が起こらないよう、整理整頓や物体の固定などを心がけましょう。

そして、残念ながら火災が起こったり、地震などで工場が崩れたり、第三者の悪意による窃盗や放火などが起こった際には、警察や消防への連絡、けが人の救護、保険会社への連絡など様々なことを進めなければなりません。

休日で現場に人がいない状況では、素早い対応ができません。

そのため、必ず連絡体制を確立しておき、誰が現場に駆けつけるのか、誰が現場で指揮にあたるのかを決めておきます。

同時に、警察や消防、保険会社など連絡すべき先を一覧表にまとめておき、すぐに連絡を入れられるようにしましょう。

余談ではありますが、複数の保険会社を利用していると、事故時には複数の連絡先に電話を掛けなければならなくなり、焦ってしまいますので、その点も考えて保険契約を結びましょう。

以上のように、休日中の対応を決めておくことは、非常に大切なことだと言えるでしょう。

« 節税のための保険に加入するなら | ホーム

このページの先頭へ