PL保険加入前にチェックすること

PL保険が必要かどうかは、貴社が製造物責任法(PL法)で定められる「製造業者等」にあたるのかどうかによって変わってきます。
PL法でいう「製造業者等」に該当するかどうかをチェックするためには、貴社が「何を」製造・販売しているのかということを、正確に把握しなければなりません。
たとえば「食品販売」をしている場合でも、魚や野菜などを加工せずに販売する形態の場合には、「PL法上の製造物等」を販売していることにならないので、この保険に加入する必要があるのかを考える必要があります。

しかし「生魚も缶詰等も販売している」などの場合には、やはりPL保険が必要かもしれません。
もしも、PL法上の責任を問われる可能性があると思う場合は、「事故が起こったと知らされたとき、どう動いたらいいか?」と考えてみましょう。
損害賠償金などが自社の蓄えで賄うことができる、信頼できる弁護士がいる、裁判を起こされた場合に対応できる人員がいる、などの対策がもしできるなら、PL保険は必要ないかもしれません。
しかし、損害賠償金額が多額にのぼってしまうことが多いのが、PL事故というものですので、「何も準備をしていない人ほど、早急に加入を検討した方がいい」のがPL保険です。

なぜなら「何の準備もしていなくても、PL事故が起こってしまうときは、起こってしまう」というのが現実だからです。
また、取引先などからPL保険加入証明書の提出を求められることが増えており、取引を有利に進めるためにも、保険加入が大事になりますね。

« PL保険の保険料 | ホーム | PL保険加入証明書とは? »

このページの先頭へ