国内PL保険

PL事故というのは、日本国内だけではなく、海外で起こってしまうこともあります。
産業のグローバル化が進んでいる現代では、国内で製造した製品が、海外に輸出されるという場合 も多いため、注意が必要です。
PL保険には、「国内PL保険」「海外PL保険」の2種類があります。
このうち国内PL保険は、日本国内でおこったPL事故にのみ対応するもので、国内・海外、どちらのPL保険が必要なのか、あるいは両方の保険が必要なのかということは、貴社の事業内容によって変わってきますので、事前に貴社の業務内容を洗い出しておくことが必要です。

被害者の治療費、慰謝料、壊れた物の修理費といった様々な費用が、保険金で賄うことができるようになりますし、保険商品によっては「弁護士を雇う費用」なども含めて、広く補償を受けられるようになります。

ただし「保険でカバーしてもらう範囲を、どの程度まで手厚くするのか」ということは、貴社の事業内容や他に加入している保険、事故の頻度などをふくめて考える必要があります。
事故対応についても、保険会社にすべて対応を任せられる商品を選ぶかどうか、あるいは保険料を抑えて、事故の際には改めて弁護士を依頼するといった方法を選ぶか、商品選びの際にはよく考えておく必要がでてきます。


最も怖いのは、「保険に加入していたのに、イザというときに補償が得られなかった」という事態になることです。
そのためにも、国内PL保険を契約するだけで大丈夫なのか、海外PL保険も必要なのか、さらに他の保険まで必要なのかを、保険会社の担当者やファイナンシャルプランナーなどの専門家と、よく話し合っておきましょう。

« 海外PL保険 | ホーム | PL保険の保険料 »

このページの先頭へ