PL保険が必要な業界とは?

PL保険は、製造物責任法(PL法)に基づく損害賠償責任が生じた場合、つまり「製造業者等が製造または販売した製品や、行った仕事の結果」が原因で、他人に怪我・死亡などを負わせてしまったり、他人の財物を破壊してしまったりというケースで生じる金銭的な損害を補償してもらえる保険です。
被害者に支払う損害賠償金、訴訟に関する費用などを補償してもらうことができます。

このため「PL事故」を起こす可能性がある業界では、できるだけPL保険に加入しておくことが望ましいと言えるでしょう。
ソフトウェアや不動産などに関する事業を行っている場合は、これらが「PL法上の製造物等」に含まれないため、PL保険への加入は必要ない場合もあります。

PL事故の例としては、自動車のパーツをしっかり装着していなかったために、走行中の事故につながったという例があります。
特にPL事故が「気を付けていても起こってしまう」のが食品業界で、製造した食品に異物が混入していたというケース、食中毒、容器の性質・性能の問題で異臭が発生するなどのケースがあります。
また建設業界でも、施工ミスが原因で他人に怪我をさせたり、他人の財物を損壊してしまうというケースが考えられますね。
業界によっては製品の欠陥に気付いた際に「自主回収(リコール)」を行うことがあります。

PL保険にリコール費用担保特約をつけたり、リコール保険に加入したりすることで、それらの費用を補償 してもらうことも、できるようになります。

« 中小企業PL保険制度とは? | ホーム | PL保険に加入すべき場合とは? »

このページの先頭へ