販売業とPL保険

PL保険に加入していて、保険金を支払ってもらえる場合とは、「製造・販売または取り扱った生産物に起因して被保険者の占有を離れた後に発生した偶然な事故」が原因で、他人の身体を傷つけたり、他人の財物を壊したりして、法律上の賠償責任を負った場合です。
そのため、販売業を営む企業・個人事業主の方は、ぜひともPL保険に加入して、事故に備えたいところです。
しかし現実には、食品販売業などで食中毒などに対する危機意識が高い事業を行っている企業以外の経営者の皆さんは、PL保険に加入する意識が低い傾向があると言われています。

PL保険に加入すれば保険料の支払いが生じますので、負担に感じるかもしれません。
ただ、保険料の支払いが負担になる状況で、PL事故が起こってしまった場合に、十分な損害賠償金を支払うことができるでしょうか?
また、PL訴訟に強い弁護士などに、すぐいらいすることができますか?
中小企業の中には、経営者の方が、日常業務にも携わっていて「経営者が留守にすることが続くと、事業が立ち行かなくなる」というケースもあります。

PL保険に加入することで、金銭面での安心感も得られますし、保険会社に対応を任せることもできるようになります。
また、PL事故を始め、誰かへの損害賠償を行わなければならない事故は「対応の迅速さ」というものが、消費者の感情を左右することになり、結果的に事故対応のスムーズさにも影響してきます。
保険に入っていることで「どのように行動すればよいか」がわかり、消費者の心を打つ対応ができるのです。

« 製造業とPL保険 | ホーム | 輸出事業とPL保険 »

このページの先頭へ