PL保険と食品業界

食品業の世界では、食中毒や異物混入、容器の性質上の問題などが、どんなに気を配っても起こってしまいます。

a1180_004145.jpg

最近では「特殊な食感のゼリーを幼児や高齢者がのどに詰まらせてしまった」といった事故でも、損害賠償請求訴訟を起こされるケースがありましたね。
このような事故が一度起こると、迅速な対応が求められることや、商品の回収・形状を変更しての販売・その他の様々な対応を求められるようになり、企業は大変です。

それだけに、食品業界でのPL保険への関心は非常に高いですね。

また、いったんPL事故が起こった場合には、製品の自主回収やお詫び・注意喚起の広告掲載などを行わなければならず、リコール費用が掛かります。
このため、PL保険だけではなく、リコール保険などにも加入する必要があるでしょう。
ただし、野菜や肉などは、加工せずそのまま販売することもあり、このような販売形態の場合にはそもそもPL法の対象とはなりませんので、他の保険を活用しなければなりません。
貴社にとって必要な保険契約を結ぶために、貴社の事業内容を保険会社の担当者、代理店などにきちんと伝え、必要な補償内容を把握することが第一です。

もしも、無保険での営業を続けているのなら、非常にリスクが高いので、今すぐPL保険に加入しましょう。
食品業界の場合は、「食品産業センター」が運営する「食品産業PL共済」を利用することも可能で、これを利用した場合は一般的なPL保険に比べて、保険料を抑えることが可能です。

« 建設業とPL保険 | ホーム | 製造業とPL保険 »

このページの先頭へ