PL保険の比較

PL保険は、複数の会社の商品を比較して選ぶことも大事なのですが、その際に「保険料が安い」「補償の内容が手厚い」などの単純な理由で選ぶのはよくありません。
まず「貴社にとって必要な補償を検討する」「それを得られる商品のなかから、保険料などが無駄に高くないPL保険を選ぶ」「他の保険とのバランスも考えて、他の保険の特約という形で、補償を得ることを検討する」といった流れも必要でしょう。
貴社の事業内容によっては「PL保険は必要ではない」という結論が出るかもしれませんが、他の賠償責任保険は必要となるかもしれません。
まず「必要な補償はどのようなものか」をしっかり考える必要があるのです。

またPL保険に求める補償に関しても「貴社にとって必要な補償は何か?」を把握する必要があるでしょう。
PL保険では「金銭のみ」の補償をするタイプから、弁護士への依頼なども含めて保険会社に対応を任せられるタイプまで、様々なものがあります。
手厚いサービスが受けられる保険になればなるほど、保険料は高くなりますので「保険には最低限の補償のみ求め、弁護士を依頼する場合は自力で探す」など、割り切る方法もあります。

既に加入している保険に、PL事故への補償が得られるよう、特約を付けるという方法もありますので、「必ず個別に、PL保険に加入しなければならない」ということではありません。
今後、PL法そのものが変化していく可能性もありますし、貴社の事業内容が変わっていくこともあるでしょう。
その場合には改めて、必要な商品を比較検討する必要が出てくるかもしれませんね。

« PL保険と食品業界 | ホーム | PL保険の必要性 »

このページの先頭へ