家電販売とPL保険

家電製品にまつわる事故というのは、メーカーがどんなに努力をしてもゼロにはなりません。
家電の設計ミスや、製造過程でのミス、さらには利用者が思わぬ使い方をすることによって、被害が発生するケースなど、様々な場合が考えられるからです。

ただ、家電製品には様々な種類のものがあり、一般に「人体の近くで使う家電製品が、被害を発生させてしまう場合」のほうが、「人体から遠い位置で使う家電製品が、何らかのトラブルを起こす場合」に比べて、被害が深刻なものになるケースが多いでしょう。
PL保険には「リスクの高い事業を行う業者には、毎月支払う保険料を高めに設定する」「リスクが低い事業を行っている場合には、保険料を安く抑える」という仕組みがあります。
PL保険の保険料は、「前年度売上高(前年度領収金)×保険料率」という形で計算されるのですが、家電勢品の製造を行っている業者の場合、「消費者の体に直接接触する機器」「体への接触はしない機器」のどちらを製造しているかで、保険料率が変わるようになっているのです。
事業内容が、複数の業種にまたがる場合には、売上高に応じて保険料率を加重平均して、適用するということ になっています。
保険に加入しておくことで、消費者に対して迅速な対応をすることができれば、消費者の怒りが募らずにすみます。

訴訟沙汰にまで発展せずに済むこともあるので、PL保険に加入して、対応を保険会社に任せられる体制を作っておきたいですね。

« 化粧品とPL保険 | ホーム | 企業経営とリスク »

このページの先頭へ