PL保険を比較することの重要性

PL保険に加入する際には、できるだけ複数の会社の商品を比較・検討して選ぶようにしましょう。
ただ「何を基準に比較するのか?」が分かっていなければ、大変なことになります。

まずは「貴社が必要な補償内容」「既に加入している他の保険とのバランス」などを考えて、必要な補償が得られるPL保険の中から、複数の保険を比較するという流れが必要です。
たとえば、PL保険と関連が深い補償の中で「リコール」に関する補償がありますが、PL保険の主契約だけでは、リコールに関する費用は補償されないケースと、主契約だけで補償される商品とがあります。
ただ「補償が受けられる商品=良い商品」とは断言できません。
なぜなら、「リコールの可能性がある業種か、ない業種か」ということでも、リコール費用の補償が必要かどうかが、変わってくるからです。

また、商工会議所の「中小企業PL保険制度」や、各業界団体のPL共済制度などは、保険料を抑えられる仕組みになっています。
ただし、弁護士への依頼などは別途行わなければならないこともあります。
「既に弁護士との親交があり、依頼に関して困ることはない」という場合ならば、このような保険を利用するのも良いですが、「PL訴訟などに詳しい弁護士に心当たりがない」という場合には、注意が必要です。
このように、PL保険を比較検討する場合には「まず、貴社にとって必要な補償を把握する」「その補償が得られる保険商品の中で、保険料などが安いものを選ぶ」ということが大切です。

« PL保険と業種の違い | ホーム | PL保険加入のメリットとは? »

このページの先頭へ