PL保険と食品業界

食品業界では、どれだけ気をつけても、PL事故が起こってしまうという現実がありますので、PL保険への加入の必要性が非常に高い業界と言えるでしょう。

また、食品というものは「一度にたくさんの人の手に渡り、被害が出る人が多数になってしまう」 ということもありますので、迅速な対応、十分な補償などができなければ、企業に対するイメージが悪くなってしまうということも、一つの理由です。

PL事故の例としては「加工食品に混入していた異物が原因で、口の中を怪我する人が出てしまった」「加工食品を調理している途中に、混入していた異物が原因で油がはねて、調理員などが怪我をしてしまった」などの事例が考えられます。
さらに、食品そのものが事故の原因になるケースだけではなく、容器の不備によるPL事故も報告されています。

たとえば「加工食品を保管している途中に、容器が破裂した」「容器の性能が原因で、中身の食品の味が変わってしまった」といったケースです。
食品が原因での事故というのは、本当に製品に原因があるのか、利用者の取り扱いに問題があったのかなどを、裁判で争うことになるケースもありますので、そうなると訴訟費用がかかります。

製品の自主回収を行う必要も出てくるかもしれません。
これらの費用を確保しておくことや、保険会社に対応を任せられる体制を作っておくことで、できるだけ損失を少なくし、企業イメージの悪化を防ぐためにも、PL保険への加入が望まれると言えるでしょう。


a1180_004143.jpg

« PL保険とは | ホーム | PL保険の比較 »

このページの先頭へ